web-kotsukotsu

記事一覧(10)

北九州市の病児保育情報をまとめてみました

起業女性のためのWebマガジン「KOTSU KOTSUのWeb手帳」をご覧いただきありがとうございます。Webデザイナー&ホームページ作成教室講師の、かやはら あやこです。自営業の私が仕事をしていて一番ピンチなのが、子供の病気でした。実家も夫婦共に頼れず、夫も朝早く帰りが遅く、休みを取ることが難しいため、自分と他のサービスだけで乗り切らなければいけない。そこで色々と調べた病児保育のサービスについて、まとめてみました。目次1.こんな時に病児保育を利用2.病児保育はどこが利用できる?3.まずは事前の登録4.KOTSU KOTSU家での利用例・感想1.こんな時に病児保育を利用北九州市のホームページから保護者の勤務の都合、疾病、事故、出産及び冠婚葬祭などやむを得ない事由により、家庭での保育が困難なお子様を、医療機関に併設された施設で一時的にお預かりします。とあるように、仕事以外の理由でも、病気中の、または病気後の子供の保育が困難な時に利用するサービスのことです。私はこのページを見て、病児保育=病院だけ、と思い込んでたんですね。でも、実際はそんなことなくて、他にも利用できるサービスはありました。2.病児保育はどこが利用できる?第一項の病院による病児保育の他にも利用できるサービスがありました。北九州・ファミリー・サポート・センター「ほっと子育てふれあいセンター」北九州の子育て支援 NPO法人 「チャイルドケアサポートセンター」この他「病児保育」と出しているところは見当たりませんでした。(もしかしたら、病児保育と出していなくても、依頼者と提供者間の合意があれば、病児保育として使われているサービスもあるかもしれません。)私はファミサポ「ほっと子育てふれあいセンター」に登録しましたが、ファミサポを利用するにあたり、まずできるだけ「病院での病児保育を利用する」ように言われました。病院での病児保育が利用できる時間いっぱいは病院で、それを越す部分、ファミサポを利用するのが望ましいそうです。病気の急変など、子供の体調、市の事業であることを考えると、それはもっともかもしれませんね。チャイルドケアサポートセンターは、まだ登録していませんが、市ではなく、NPO法人なので、さらに幅広く(ほっとでは対応してもらいにくい場合)対応もしてもらえそうな記載があり、こちらも登録しようと思っています。3.まずは登録を病院での病児保育も、ほっと子育てふれあいセンターも、チャイルドケアサポートセンターも、全て事前に登録が必要です。使うことがないかもしれないけれど、いざという時の「いざ」って突然ですよね。困らないように、余裕を持って登録することをオススメします。私は大慌てで登録したので、色々と調整が大変でした。ほっと子育てふれあいセンターに関しては以下のような流れに。事前に説明を小倉のAIM3階の「元気のもり」で説明や相談(1時間)↓提供する会員と直接交渉して事前に打ち合わせ・子供との対面(1時間)↓学校や幼稚園にも連絡。紹介。登録に行ったからと言って、すぐに利用できる訳ではありませんので、みなさまご注意を。それにお子さんとの相性の良し悪しも重要ですし。うちは上の子がとても繊細な方なので、預ける方との相性に注意しないとすごくストレスを溜めてしまうし、預かる方も難しい子ではあると思うので、そこは慎重にしなければな、と思っています。4.KOTSU KOTSU家での利用例・感想我が家は2回ほど病院での病児保育を利用したことがあります。前日に予約して、翌朝は所定の時間内に連れて行き、診察を受けてから、夕方に迎えに行き、帰る前にも診察。スムーズにことが運びましたが、毎回スムーズとは限らないそうです。病院には病児保育の定員があり、それほど多くはないため、病気が流行っている時は、入れないこともあります。その場合は他の病院に…。また、病気の種類によっては、予約者順と言いますか、インフルエンザの子が先に預けられていた場合、それ以外の子は預かってもらえず、逆も同様。運がよければ預かってもらえる、という綱渡りになっちゃいます。また、土曜日は病院が午後までとか、夕方でも早めに終了しますので、もちろん病児保育も終了に。よって病院だけだと難しいところは、他のサービスを併用してカバーした方が安心だと思いますね。お子さんの人数や年齢で、また対応が難しくなることもありますしね。以上が、私が調べた北九州市の病児保育情報でした。フローレンスの病児保育が北九州でも始まったらさらに嬉しいんですけど、人口的に難しいのかな…と。

子育てのヒントにも!北九州の個性心理学インストラクターさんのご紹介

KOTSU KOTSUのWeb手帳をご覧いただきありがとうございます、運営者のKOTSU KOTSUこと、かやはら あやこです。今日はこちらの記事、「子育て」と「北九州の起業女性」というカテゴリーでお届けします。目次1.個性心理学って?2.KOTSU KOTSUの診断結果3.北九州の個性心理学インストラクターさん4.お問い合わせ先・リンク1.個性心理学って?最近知った「個性心理学」。みなさんご存知でしょうか?私、全く知らなかったのですが、簡単にいうと生年月日で個性や才能が分かる、かと言って占いではなくて、統計学をベースにしたものとのこと。心理学って、確か統計・・・数学的なんですよね。生まれたばかりの赤ちゃんから、言葉でまだ上手に伝えることができないお子さんの対応へのヒントにと、お母さんたちが活用したくなるの、わかりますね。「そのほかにも、その方の表面からの印象と、本質的なもの、イライラの原因など解決できるポイントお伝えできます」とのこと。2.KOTSU KOTSUの診断結果簡易的な診断を昨年受けて、今年に入って本格的な診断を受けたところ私はかなり的確な結果だったと思います。特に本質的な部分と、他人から見られている自分像とか。本質的な部分を、夫に伝えたら「大当たり!」と…。もう、ここで言ったら丸わかりになってしまう!とためらうほどに。診断結果を知ってとてもよかった点は、まさにイライラの原因を「言葉」ではっきりと自覚できたことです。イライラって、何でイライラしているかはっきり分かっていたら解消できることってありませんか?はっきり分からないから余計にイライラしてしまう。私の場合は、最近「自分」に戻る時間がなかったのかな?と気づきました。自営業で小さい子供がいるから、時間があれば全て仕事に使っていて、知らないうちに何か溜まっていたのかなと。今年のテーマは「緩める」ですね。3.北九州の個性心理学インストラクターさん私に個性心理学を教えてくださったのは、八幡西区の個性心理学インストラクター、麻生さんです。麻生さんは、なんと三人のママさんでもあります。もともと大学の専攻も心理学だったそうで、ご自身のお子さんの子育てで悩み、様々な機関にも足を運んだそうですが、効果はなかなか・・・自ら勉強してお子さんを助けたいと、個性心理学を学ばれたそうです。一番下のお子さん、まだまだ小さいのに、すごいパワーですよね。麻生さんは個性心理学インストラクターだけでなく、ほかにもたくさんの資格を取得して、ご自宅でお子様連れで学べる教室を開催しています。メインはハンドメイドで、1日体験から趣味、講師コースと幅広く。ハンドメイド歴は20年という麻生さんの作品はぜひ下のリンクからご覧いただけたら。個性心理学はまだネットに出していないけれど、口コミだけで広げているとのこと。親子で診断してもらえるようですし、個性心理学以外にも親子で様々なハンドメイドのお稽古も可能なので、興味のある方は、お問い合わせされてはいかがでしょうか?北九州での子育て情報にもとても詳しい方で、私も一時預かりや、市のサービスなどたくさん教えていただきました。地域の子育て情報って、知っている人、実際に使っている人に聞くのが一番早い気がします。上の子の時と下の子の時では全然サービスが違う!って驚いたことも。麻生さんから、きっと色々な情報をシェアしてもらえると思います。4.お問い合わせ先・リンク

Webマガジン「KOTSU KOTSUのWeb手帳」始めました